AGAの仕組みとフィナステリドの働き

どのようにAGAを発症するのか?

男性の悩みとして大きな問題である抜け毛、薄毛。
この症状がどのように現れ進行していくのか、その仕組みについて調べて知り得た情報を自分なりにまとめておきたいと思います。

まず、AGAとはどういう意味か?
Androgenetic Alopeciaの略で日本語では、『男性型脱毛症』と呼びます。

なので、基本的に男性にのみ現れる脱毛症という事になりますが、近年では、女性に起こる男性型脱毛症も増えていて『女性男性型脱毛症(FAGA)』と呼ばれているようです。

AGAの発症には、DHT(ジヒドロテストステロン)の発症が関係しています。

これが、髪の毛を成長させる細胞である毛乳頭の中に入ると、毛髪の成長をストップさせてしまいます。

成長の止まった髪の毛は、抜ける準備に入ります。
本来よりも短い成長期となってしまい抜け毛が進行するのです。本来、髪の毛は、3~5年程度かけて成長すると言われているのですが、DHTに侵された髪の毛は、長くても半年程度で抜け落ちてしまいます。

早く抜け落ちてしまうと、次の髪の毛の生産が間に合いません・・・。
この悪いサイクルが繰り返されて毛穴が退化し薄毛が進行していく。

DHT(ジヒドロテストステロン)は、突然現れるものでも元々髪の毛に存在しているものでもありません。それを作り出すメカニズムが有ります。

男性ホルモンと毛乳頭に存在する5αリダクターゼという酵素の一種が結合すると、DHTに変化するのです。簡単に考えるなら、男性ホルモンに5αリダクターゼがスイッチを入れると、強力な抜け毛因子に変化するといったところです。

男性は、男性らしい体つきを保つためにも男性ホルモンの恩恵が大きいので、これが有る以上、DHTの生産はやむを得ないのです。

ここで助けとなるのがフィナステリドです。
フィナステリドのメカニズムは、男性ホルモンと5αリダクターゼが結合するのを防ぐ所にあります。これらの結合が防がれるとDHTの生産はストップするので、その分、抜け毛の被害を防ぐ事が出来るようになるのです。

男性ホルモンは、主に睾丸で製造されて血流に乗って頭皮までやってきますが、この時に血液中にフィナステリドが存在すると、男性ホルモンと5αリダクターゼとの結合を防ぐことが出来ます。

その為にも血液中にフィナステリドが一定濃度保たれる必要が有ります。

フィナステリド製剤として、プロペシア、フィンペシア、エフペシアなどが有りますが、これらの薬は基本的に毎日継続して使用する必要が有ります。その理由は、血中濃度を保つ必要が有り、それが、AGA治療に必要な事だからです。

そんなフィナステリド製剤の誕生は、前立腺肥大症の治療薬として認可されていたものが、使用していた患者の中に髪の毛が増えたという副作用が現れたことから見つかったと言われています。前立腺肥大の治療なのに、次第に髪の毛がフサフサになるというのは、ある意味で、「髪の毛が異常に増えたりしたら・・・」なんてちょっと怖い気もしますが・・・。

フィナステリド製剤を使用した患者に毛髪が増えるという事例が増えてから研究が進み、有効成分であるフィナステリドの働きが抜け毛に有効だと判明したのです。

今では、代表的なプロペシアは日本でも容易に手に入れられるようになりましたが、継続して使用しなければならないのでコスト面で問題が残ります。それを解決するにはどうしたら良いのでしょうか?

解決の有力な方法は、個人輸入です。
どの道、プロペシアやフィンペシアは海外製なので、より直接的に購入できた方がコストもかかりません。その分安く済ませることが出来ます。

医薬品専門の輸入代行業者も増えていて、ネット通販を利用するのと同じように購入できるだけでなく、実際に購入された方々も多くレビューなども参考に出来るのでより使用感も把握する事が可能です。

AGA治療には、ミノキシジルも用いられますが、直接的に原因をシャットアウトするフィナステリドの方がやはり人気が有ります。これからAGA治療に取り組もうと思っている場合も今まで国内のクリニックなどで購入していた場合も個人輸入ならコストを抑えて治療に取り組めると思います。