水虫が悪化して爪水虫になったら手遅れ?

水虫が悪化して爪水虫になったら手遅れ?

「気が付いたときには、足の指と指の間に白っぽいものが見えていた。」なんていう風に、水虫は、気が付いたころには感染していて、「まあ、この位なら大丈夫だろう」と思って放置していると、いつのまにか感染拡大なんて事にもなり兼ねません。

酷くなってきた水虫でも、そうなってくると現実逃避というか物事を良い方向へ考えるようになってしまい「皮を剥げば治るだろう」とか「いつも以上にボディソープでゴシゴシと磨けば殺菌できるだろう」と考えてしまいがち。

でも、それで簡単に治らないのが白癬菌のしつこさです。
そうして間違った方法を行っていくうちに次第に水虫は悪化し、場合によっては、爪の裏側へと入り込み爪水虫を引き起こすなんてことがあるかもしれません。

爪水虫になるとさらに厄介な状態になります。
水虫の場合は、皮膚の上からラミシールのような外用薬によって白癬菌の殺菌も可能ですが、爪の裏側に入り込んだ白癬菌に対しては、爪自体が厚みも有り固いので殺菌が難しくなってしまうようです。

水虫の初期段階で処置を怠ってしまうと、結果的には、それが拡がり爪水虫となる危険性も十分に有るのです。こうなってしまうと、治療を開始しても半年位の時間がかかってしまうのでとても手間です。その上で、銭湯や共同生活の場で、他の人へ感染させる可能性も高くなります。

そうならないためにも早期に行動する必要が有りますが、水虫であれば、外用薬のラミシールを根気よく塗り続ける事で次第に症状を改善していく事が出来るので大丈夫ですが、それよりも爪水虫となった場合に如何に取り組んでいくかが大切。

簡単に治す事が出来ない爪水虫の治療には、今では、クリアネイルという薬が有るようですが、この薬は、爪の上や端から浸透して白癬菌を殺菌する働きが有るようです。

これに加えてラミシールの併用などを行うと、より効率よく白癬菌を殺菌する事が出来るので水虫と爪水虫の治療期間を短縮できる可能性が有ります。

出来れば、ここまで悪化する前に対策するのが望ましい事ですが、ボディソープや石鹸などで殺菌できない事を知り早い段階で正しい治療方法に臨む事が大切なようです。