ムスコの元気が無い・・・

ムスコの元気が無い。薬で改善できないかな?

ムスコというのは、まあ詳しく説明するまでもありませんが、結婚してなくても、子供が居なくても男なら一つは持っているムスコの事ですが、現代人には、EDの人が増えているようです。

1998年に男性を対象として行われた調査によると、成人男性の4人に1人が“勃起が十分でなく、時々性交ができない”中等度ED、もしくは、“勃起しないため常に性交ができない”完全EDです。

引用:データで読む日本人のED|ED(勃起不全)とは|EDネットクリニック

新世紀を迎える前の段階で日本男児のED割合が25%にも及んでいたというのは驚きます。高度経済成長に合わせるように、EDの割合が増えているという事も考えられますが、それだけ、世の中の流れの変化がEDに繋がっているのかもしれません。

今の経済は、様々な形でハイテクノロジーの恩恵の下で成り立っていますが、仕事の内容も体を使うものから頭を酷使するものが増えてきました。パソコン中心の仕事は、目にも疲労を蓄積しますが、慢性的に精神的な疲れが抜けない時代背景に有ります。

これがEDとどの位関係しているかの正確なデータは無いと思いますが、ストレスによって引き起こされるED(心因性)は、若い世代の原因として大きなものだと言われています。

では、そんなEDを防ぐ為の方法は無いかと考えた時、生活リズムや職場環境などに大きく影響している場合は、それを変えない限りは中々太刀打ちできないと思われます。

もし改善する事が可能だとしても、すぐに効果が現れてくれるかは微妙なところ・・・。そんな時には、ED治療薬に頼るというのも一つの解決方法。

ED治療薬について調べてみると、レビトラ、バイアグラ、シアリスという三種類が国内でも処方していい事になっているようです。つまり、普通に考えれば、この三つの中から使ってみるとEDが改善できるかもしれません。

人気で選ぶなら、今では、シアリスが世界シェアを取っているようです。
>>シアリス錠が勃起障害治療薬の世界市場においてシェア第1位になりました

じゃあ、なぜシアリスが人気なのかというと、そこには、その他のED治療薬を寄せ付けないだけの優れた持続力が背景に有ります。
持続力と言っても一度の勃起が長いというだけでなく、とにかく、再戦、再々戦に強いという事のようです。

そんなシアリスだけど、一つ解せないのがいかんせん高い。
薬価が高くてそう簡単に手が出せるものではありません。そこまで破格という事では有りませんが、コンドームを手軽に買うようなレベルではないという事です。

しかも、ED治療薬は保険適用外なので、処方してもらえるものの100%実費です。
残念でした・・・。
そんな高いシアリスを購入できずにうつむいている男性のみなさんにも朗報が有ります。それは、価格の抑えられたシアリスジェネリックを購入するという事です。

有りがたいことに、シアリスには、ジェネリックとして販売されている医薬品が複数あり、それを利用する事でシアリス同様のED治療効果を得る事が可能です。

「お金に余裕が無い。」
「とりあえず試してみたい。」
「お金は有るけどケチりたい。」(笑)

そんな時には、こうした方法を活用してみてはいかがでしょう。ですが、ジェネリックは個人輸入のみとなる為、自己責任自己使用に限ります。この辺も注意しておきたいところです。