タバコが止められないのはなぜ?

ニコチン依存が一番の原因?

「タバコをヤメようと思っていても止められない・・・」
こういう状態を依存症と呼びますが、タバコには、ニコチン依存という病気が存在します。

という事でニコチン依存とタバコそのものの依存などについて、知っている範囲で情報をまとめておきたいと思います。

まず、ニコチン依存ですが、タバコを吸うと煙と一緒にニコチンが体内に吸収されます。吸収されたニコチンは、血液に入り脳内に届くと脳内ニューロン組織の一部として存在するα4β2ニコチン受容体に結合するようです。

この受容体にニコチンが結合すると、その副産物として少量のドーパミンが放出されます。ドーパミンというのは、良く効く神経伝達物質の一つですが、興奮や快楽を呼び起こすものなので結果として心地よさを感じるのです。

つまり、タバコを吸う事が心地よいと感じるのです。

タバコを吸わない人にとっては、煙そのものやニオイに対して嫌悪感を感じるものの、喫煙してニコチンを吸い込んでいる本人は、その快楽を求めて止められなくなっている状態。これが、ニコチン依存症。

喫煙していてもニコチン依存とは異なるタイプは、手持無沙汰だったり暇つぶし、もしくは、仲間と合わせるためなんて人が居るかもしれませんが、ニコチン依存に陥っていると仕事の休憩だったり、食後、リラックスしたいがためにとあらゆるシチュエーションにタバコを必要とするようになってしまい兼ねません。

そうなると、兎にも角にもタバコそのものへの依存性が高くなり、簡単にヤメられなくなってしまう恐れが有るのです。特に、無意識にタバコを欲しているとなるとヤメられない可能性も高くなります。

ですが、こうしたヤメられない人でも脱喫煙を可能とする薬としてチャンピックスが使われるようになりました。チャンピックスは、ファイザー製薬が製造を手掛ける禁煙補助薬ですが、ニコチンの結合を防ぐ仕組みが有ります。

チャンピックスに含まれるバレニクリン酒石酸塩という成分を取り込むと、脳内のニューロン組織にあるニコチン受容体に結合し、ニコチンが結合した時と同じように少量のドーパミンを放出します。

ニコチンより先に結合するところに重要な意味があります。
今までタバコでしか得られなかった喫煙時の独特の心地良いという感覚が有ったものの、チャンピックス服用後には、既にニコチン受容体に結合できなくなっているので、タバコを吸っても心地よいと思えなくなるのです。

むしろ、不味いと感じるようになると言われています。
喫煙することでのニコチンによる快楽が失われた状態なので、タバコのまずさだけが広がるという事なのかもしれません。

不味いだけという事は、不快でしかりません。
仕事の休憩のひと段落で不味いものをわざわざ口にする人はそうそう居ないと思います。

こうして、不味さを実感するようになると、タバコをヤメやすくなるという事で、これを意図的に作り出す事が出来る薬がチャンピックスだという事になります。その為、チャンピックスの服用を開始した最初の一週間は、タバコを吸っていても問題ないという使用方法になっているのです。

ただし、この薬の特徴として、精神疾患を持っている場合には副作用が出やすいなどが有るようなので、使用する場合は、十分に注意の上、担当の医師と話し合って決める必要が有ります。

個人輸入でも購入可能ですが、過去に使用した経験があり十分に特性を理解していて再挑戦に用いる場合などに限定した方が安全だと思います。